※才能開花の解説は別ページに移動しました。

才能開花の手順・必要アイテム数まとめ

オルタナティブガールズでは、「暁の聖域」と「才能開花」が正式リリースされました。

このページでは、暁の聖域の更新情報や周回方法もまとめていきます。(随時追加)

暁の聖域(正式版):2018/6/04(月)15:00~常設

実践後の追記情報

【曜日変更】邂逅クエスト(水・土・日曜日)

check

9月9日(日)から「日曜日」は邂逅クエストに変更されました。

■開催スケジュール

  • 月曜日:蒼月・満月
  • 火曜日:紅月・碧月・新月
  • 水曜日:邂逅クエスト
  • 木曜日:蒼月・新月
  • 金曜日:紅月・碧月・満月
  • 土曜日:邂逅クエスト
  • 日曜日:邂逅クエスト

関連記事:邂逅クエスト★4覚醒やるべきこと ドロップ数まとめ(VeryHard/EXTREME)

もくじ

暁の聖域:公式修正

【調整予告】6/27 0時~

  • 「暁の聖域」を1MAPに調整
  • 初回クリア報酬とサブミッション報酬のリセット

※現在開催されている「暁の聖域」の初回クリア報酬と、サブミッション報酬は6/26 23:59までに達成することで獲得が可能です。

check

早めのクリアをおすすめします。

【調整済】ver2.9.0アップデート6/21 15:00~

  • 暁の聖域のMAPにAUTO機能を追加
  • 暁の聖域にてエンカウント時に敵の数の表示を追加
  • 暁の聖域のメニューに情報ボタンを追加
    ※MAP挑戦中にサブミションや攻略情報を確認できるようになります。
  • 暁の聖域クリア時にデイリーミッションが進捗するように変更
  • 暁の聖域にて帰還時や全滅時にもドロップしたアイテムが獲得できるように変更

※デイリーミッション「クエストを3回勝利しよう」

check

全滅しても、ドロップアイテムは獲得できるようです。

【調整・改善済】内容6/4時点

  • エネミーのクリティカル率等のパラメータを下方修正
  • 各属性における絶級の難易度を緩和
  • 元気度のバトルに及ぼす影響を緩和
  • ボスおよび中ボスの報酬を上方修正し、バトル時の消費元気度を増加(変更前10→変更後15)
  • MAPのパターン数を追加
  • スタミナ消費の増加、および報酬をスタミナ消費に合わせて調整
  • サブミッションの内容と報酬を調整

公式アプリ内お知らせより

check

6月4日時点での修正として、重要なのは難易度の緩和は「絶級のみ」という事です。

天級はそのままの難しさを保っている可能性があります(筆者的には、若干弱くなった気がします)

注意事項

また、報酬をスタミナ消費に合わせて調整されるという事ですので、絶級と天級で「アイテム報酬の中身」や「周回効率」が変わる可能性もあります。

ここら辺は、実際にプレイしてまとめていきます。

ページ内関連:【アイテム獲得数】チケット・クリスタル:ドロップ数と平均

【公式調整】交換所アイテム交換数変更 6/5 15時時点

  • 聖域の鍵(在庫 毎月:30個まで)
    修正前)暁のチケット x30
    修正後)暁のチケット x5
  • 星の結晶(在庫 毎月:30個まで)
    修正前)暁のチケット x15
    修正後)暁のチケット x3
  • 星の結晶(在庫 無制限)
    修正前)暁のチケット x50
    修正後)暁のチケット x15
考え中

筆者が絶に8回挑んだところ、チケットのドロップ数は平均1.6枚でした。

check

つまり、絶クリア約4回で1回は鍵に交換できる(天に1回挑戦できる)ようです。

【予定】βからの調整内容

※コチラは今後実装予定の内容です

  • 【済】MAPにおけるAUTO機能
  • バトル時の味方メンバーの表示順修正
    ※見た目の表示順とスキル対象選択時の表示順を統一いたします
  • MAP探索中の中断機能
    ※MAP探索中にホーム画面等に戻ることができるようになります
  • 【済】MAP探索中にオプションボタンを追加
    ※オプションから攻略情報やサブミッション条件を確認することが可能になります
  • 【済】MAP探索中における回復アイテム使用時の挙動を調整
    ※スワイプの反応が良くなり、アイテムがより使用し易くなります
  • 【済】エネミーエンカウント時のポップアップで、バトル中に出現するエネミー数を表示
  • 【済】MAP探索中のマスにおけるギミックを追加グループ編成画面において、直前に使用したグループを表示するように変更

出典:公式アプリ内お知らせより

注意事項

6月25日時点では、中断機能」は使えません。

驚く

戦闘中のキャラ場所もベータ版と同じため、注意が必要です。(今後変更される予定です)

暁の聖域とは?

暁の聖域とは、「才能開花アイテム」を集めるためのクエスト(ダンジョン)です。(常設クエスト)

暁の聖域クエストマップ
暁の聖域のクエストはマップを移動しながら進んでいくダンジョン
暁の聖域ボス戦闘画面
暁の聖域ボス戦闘画面(ボスの他にザコキャラもいる)

※敵の属性やサブミッションは「曜日」により変更されます。(現時点では15時更新?)

開催スケジュール

※毎日0時更新

  • 月曜日:蒼月・満月
  • 火曜日:紅月・碧月・新月
  • 木曜日:蒼月・新月
  • 金曜日:紅月・碧月・満月
  • 日曜日:紅月・蒼月・碧月・新月・満月

※水曜日と土曜日は「邂逅クエスト」に変更されました。

【筆者実践】属性別「絶」クリアメンバー

消費スタミナ・必要アイテム

暁の聖域「絶」は、スタミナ20だけで挑戦できます。

ただし「天」は、スタミナ30聖域のカギ1個が必要要です。

  • スタミナ消費:「絶級:20」「天級:35+聖域の鍵1個」
  • 元気度消費:「通常敵10」「中ボス15、金敵10、MAP1大ボス15、MAP2大ボス20」(絶)
check

聖域の鍵は、交換所で手に入ります。(天MAP2でドロップあり低確率)

聖域の鍵:青チケット5枚で1個(毎月30個まで)

暁の聖域交換所アイテム6/6時点
暁の聖域交換所アイテム6/6時点

※鍵の交換数は6/5 15時に変更されました。

 

【実践データ】獲得アイテム数と平均

【絶】平均ドロップ数

筆者が2日間で「蒼月絶8回」と「碧月絶10回」を周回したところ、下表のアイテムを獲得できました。

18回トータル平均
クッキー68638.11
クッキー青271.50
クッキー赤30.17
小結晶522.89
中結晶291.61
大結晶50.28
暁のクリスタル(小)603.33
暁のクリスタル(中)603.33
暁のクリスタル(大)271.50
チケット青281.56
SPチケット金00.00
50.28
輝石10.06

暁アイテムを抜粋すると、1回挑戦で獲得できるアイテムの平均数は下記のようになりました。

  • 「暁のクリスタル小」:平均3.33個
  • 「暁のクリスタル中」:平均3.33個
  • 「暁のクリスタル大」:平均1.50個
  • 「青チケット」:平均1.56枚

※蒼月と碧月の平均はほぼ変わりませんでしたので、合計して計算しています。

考え中

属性による違いは、限界突破アイテム(蒼月の結晶、碧月の結晶)だけした。

※今後も引き続きカウントしていきます。

笑う

周回は、得意な属性だけでよさそうです。

聖域のカギ:絶4回で1個と交換できそう(平均)

現時点では青チケットが絶1回あたり「1.6個獲得(平均)」になっています。

聖域の鍵は、交換所で5枚で1個に交換できるため、「絶4回で天1回の挑戦権を得られる」という計算になります。

ただし、ランダムですので4回で足りないこともあり得ます。(逆もあり)

check

平均値は今後修正になる可能性がありますのでご注意ください(随時掲載していきます。)

【天】平均ドロップ数

天4回のドロップアイテム合計と平均値
天4回のドロップアイテム合計と平均値

獲得できた「暁アイテム」のみで抜粋すると下の表になっています。

天アイテムMAP3クリア
4回合計数
MAP3クリア
4回平均数
MAP2クリア
4回合計数
MAP2クリア
4回平均数
クリスタル小10426338.25
クリスタル中266.5102.5
クリスタル大112.75102.5
チケット青61.561.5
SPチケット金10.2510.25
10.2510.25
驚く

明らかに、クリスタル(小)と(中)の数に差が出ています。

  • クリスタル小:MAP3まで「平均26個」、MAP2まで「平均8.25個」
  • クリスタル中:MAP3まで「平均6.5個」、MAP2まで「平均2.5個」
check

「スタミナ+鍵」の消費量は「同じ」です。できる限りMAP3をクリアした方がいいようです。

「MAP3クリア」のメリット(MAP2までと比較)

暁の聖域「天」は、2つのプレイ方法があります。

  • 「MAP3のボス」を倒してクリア(MAP3までのアイテム獲得)
  • 「MAP2のボス」を倒して帰還(MAP2までのアイテム獲得)
check

MAP3クリアのメリットは、暁のクリスタル(小・中)の獲得数が多くなるという点です。

check

MAP2クリア後に帰還するよりも、クリスタルの獲得数が増えています。

暁の聖域「天」ドロップ数
暁の聖域「天」ドロップ数(左MAP3まで、右MAP2まで)
考え中

MAP3では、「暁のクリスタル」がメインで取れるようです。(試行回数が足りませんが)

MAP3の獲得アイテム
画像:MAP3の獲得アイテム(4回)

「暁アイテム」のみで抜粋すると下の表になっています。

天アイテムMAP3クリア
4回合計数
MAP3クリア
4回平均数
MAP2クリア
4回合計数
MAP2クリア
4回平均数
クリスタル小10426338.25
クリスタル中266.5102.5
クリスタル大112.75102.5
チケット青61.561.5
SPチケット金10.2510.25
10.2510.25
驚く

明らかに、クリスタル(小)と(中)の数に差が出ています。

  • クリスタル小:MAP3まで「平均26個」、MAP2まで「平均8.25個」
  • クリスタル中:MAP3まで「平均6.5個」、MAP2まで「平均2.5個」
check

「スタミナ+鍵」の消費量は「同じ」です。できる限りMAP3をクリアした方がいいようです。

【効率UP】「ハイクリスタル」「鍵」狙いはMAP2帰還

筆者の実践では、天MAP1で「チケット(青)」、天MAP2で「SPチケット(金)」と「聖域の鍵」をドロップしました。

MAP3では「暁のクリスタル」が多いようです。

考え中

ハイクリスタルだけが欲しい方は「SPチケット(金)狙い」だけでいいかと思いますので・・・

暁の聖域ドロップアイテム「SPチケット金」
暁の聖域ドロップアイテム「SPチケット金」
笑う

時間効率だけを考えるなら、MAP2クリア直後に帰還するのもいいかもしれません。※要検証

check

※「SPチケット金」は、交換所でハイクリスタルと交換するアイテムです。

交換所のハイクリスタル交換レート
交換所のハイクリスタル交換レート:SPチケ10枚でハイクリスタル1個と交換

【まとめ】暁のクリスタルは入手数が多い

クリスタル小と中は、比較的獲得ができそうなので、初期のパラメータ上昇(ステータス強化)は比較的簡単にできそうです。

ハイクリスタルが必要な場所と数(才能盤)
ハイクリスタルが必要な場所と数(才能盤)
注意事項

ただし、ハイクリスタルは「暁天」や「滅級」でしか取れないため、暁絶だけでは最後まで育成できないようです

ハイクリスタルの入手方法

  • 暁の聖域「天」:SPチケット(金)で交換(サブミッション・クリア報酬にもあり)
  • イベントクエスト「滅級」:クリア報酬
  • バーチャルタワー「EX FLOOR」:クリア報酬

※現時点

注意事項

ただし、「天」のクリア報酬はMAP3のボスを倒さないと手に入りません。

聖域「天」のクリア報酬獲得条件
聖域「天」のクリア報酬獲得条件:MAP3のボスを倒す

ボスを倒せないと必然的に差が開いていきます。

笑う

クリア報酬・サブミッションは1回きりのようですので、あせらずメンバー育成から始めましょう。

次の項目から「暁の聖域攻略」をご紹介します。

【暁の聖域】基本ルール

暁の聖域MAP

暁の聖域は、「天」「絶」共に【4名1チームを2組】作る必要があります。

注意事項

また、天への挑戦は「聖域の鍵」が必要です。

有用キャラが少ない初心者には難しいかもしれません。

check

まずはリバイバルクエストに挑戦して、有用スキルを持ったメンバーを集めましょう。

注意事項

また、暁の聖域独自のルールを理解していないと、挑戦できないこともあります。

ルール 詳細
曜日によって敵が変化 出現する敵は曜日別で異なります。

  • 月曜日:蒼月・満月
  • 火曜日:紅月・碧月・新月
  • 木曜日:蒼月・新月
  • 金曜日:紅月・碧月・満月
  • 日曜日:紅月・蒼月・碧月・新月・満月

※水・土は、邂逅クエストに変更されました(7月12日追記)

4人編成を2チーム作る(必須) 挑戦するには2チーム作る必要があります
メインに同じ人を複数使えない メインメンバーには違うチームにも同じ人を選べません

※衣装が異なっても選べません

※サブメンバーには選べます

サポーター不可 自分自身のアカウントで使えるメンバーだけで戦います
チャームシールはチーム共通 一緒に出動する2チームは「同じチャームシール」を使えません。

SSRチャームシールが少ないと場合はSRを強化しましょう。

スキル効果は「戦闘終了」でリセット 強化スキルは、次回の戦闘開始には消滅しています。

継続回復効果も消滅

「HP」「チャージ数」は引継ぎ 「キャラの体力」「スキルのチャージ数(次回発動ターン)」は、次の戦闘もそのままの状態です。

スキルの温存も考える必要があります。

回復アイテムは帰還で消滅 ダンジョンで獲得した回復アイテムは、次回に使えません。

「全MAPクリア」「全滅」「あきらめる」で消滅します。

※MAP1→MAP2→MAP3への移動では消滅しません。

マスによってイベント発生 【宝箱マス】アイテム獲得(回復やチケットなど)

【イベントマス】:ランダムでイベント発生(敵出現・トラップ・アイテム)

【回復マス】:「元気」or「HP」回復(色によって異なる)

【敵マス】:敵との戦闘

【空白】:特定マスに行くとイベント発生?(敵出現・アイテム獲得など)

【崩れるマス】:1度だけ通ることができるマス

※MAPによっては固定イベントもあるようです。

敵は種類によって敵が変わる 白い敵:ザコ3体

黒い敵:強敵2体

ボス:1体

※こちらが全滅した後、再挑戦すると敵は回復しています。

4人編成×2チーム(同一人物不可)

暁の聖域チーム編成画面

悲しい

ルールの中で一番やっかいなのルールがあります。

  • 4人編成を2チーム作る(必須)」
  • 同一人物をメインメンバーに使えない
  • 同じチャームシールを使えない」(8人分48枚必要)

※チャームシールは、「1人6枚:体力2枚、攻撃2枚、防御2枚」です。

注意事項

難易度が高いステージでは、スキルレベルが重要ですので「最低8人のメンバーを育てる」必要があります。

※ただし、すべてのスキルレベルを育てる必要はありません。

check

回復や防御ダウンなど、有利になるスキルを中心に育成しましょう。

スキルレベルを育てるメリット
  • 「スキル効果がUP」(スキルにより変動)
  • 「与えるダメージが多くなる」「回復量が多くなる」
  • 「チャージ数が2ターン短縮」

など

 

チャームシール:2チーム分「48枚」育成

同じチャームシールを「同時に出撃する2チーム」で同時に使うことができません。

チーム編成のチャームシール画面
チャームシール:「1人6枚」8人で48枚いる

SSRチャームシールの所持数が少ないと、SRチャームシールになっていることがあります。(自動選択の場合)

自動でチャームシールを選択するときの注意
自動でチャームシールを選択するときは「SSR」かどうかを確認する
check

特に「武器種一致」にチェックを入れると、SRになる可能性が高いです。

悲しい

また、全チームを一括で自動選択させると、1チームから優先されてしまいます。

SSRの方が上昇率が多いためできる限りにして、足りない場合はSRチャームを育てておきましょう。

関連記事:SSRチャームシールの鍛えるべき「+数値」優先順位は?

戦闘:RPG(ロールプレイング)仕様

戦闘では、戦闘ごとに「スキル効果が消滅」し、「HP、チャージ数」は継続します。

check

RPGゲームのように、HPMPが減った状態で次の戦闘がスタートします。

  • スキル効果は「戦闘終了」でリセット
  • 「HP」「チャージ数」は引継ぎ

攻略要素として、回復アイテムや回復スポットがありますが、その使い道は限定されています。

  • 回復アイテム小:元気度10%回復、HP10%回復
  • 回復スポット:元気度30%回復、HP30%回復

マス:不思議なダンジョン仕様

移動マスの説明

マス目を移動しますが、空白でもイベントがランダムで発生します。(1回きり)

マス目で発生する可能性のあるイベント
  • 発生なしorランダム発生(空白)
  • 敵と遭遇
  • トラップ(ダメージを受ける)
  • 宝箱ゲット
check

イベント発生は、「固定発生」「ランダム発生(確率)」があるようです。

注意事項

移動する前に「回復アイテムを使う」など、敵に遭遇してもいいようにしておきましょう。

驚く

また、回復マスは1マスずつ動かして避けないと取得してしまう恐れがあります。

キャラの操作方法
キャラの操作方法;移動したい順番にタップする必要がある

攻略手順・チーム編成のコツ

暁の聖域をクリアするには、チーム編成が重要になっています。

チーム編成では、スキル「攻撃」「補助」「回復」をそれぞれを配置することが重要です。

笑う

戦士・僧侶など、まさにRPGです。

種別 有用スキル
攻撃 攻撃ダメージ特化スキル 単体への極大・絶大・究極ダメージ

※ボスや黒敵に効果的

全体への攻撃

3体出る敵に効果的

補助 強化

弱体化

異常状態

「攻撃UP・防御UP」

「攻撃ダウン・防御ダウン」

「暗闇・睡眠・毒」

※敵によっては無効耐性があります

回復 HP回復

異常状態解除

復活

ヒール・継続回復

リステ(異常回復)

リバース(復活)

筆者は、復活スキルはあまり採用していません。

check

復活スキルよりも、補助スキルを多めに持っていきます。

「全体特化チーム」「単体攻撃チーム」2パターン作る

現時点では「全体攻撃主体チーム(複数のザコ用)」と「単体攻撃特化チーム(ボス用)」に分けて作る方法が人気のようです。

2チームのスキル比較
筆者のスキル比較:2チームでそれぞれ全体と単体で分けて組んでいます
  • ボスは1体で出るため単体攻撃を中心に。
  • ザコは3体出るため、全体攻撃を中心に。
  • どちらとも回復スキル・補助スキルが重要。

※補助スキルも「弱体化」「異常状態」は全体・単体を意識する。

check

敵から受けるダメージは大きいため、HPを回復しつつ、敵を弱めて戦いましょう

有効スキル(弱点)を考える

笑う

筆者の実践では、「攻撃ダウン」「暗闇」「毒」「睡眠」などが有効でした。

悲しい

※ボスや強敵(2人組)には無効なスキルもあります。

  • ザコ敵:「暗闇」「毒」「麻痺」「睡眠」が効く←異常状態でダメージを軽減
  • 2人組(黒敵):「暗闇」「毒」「麻痺」は効きにくい←弱体化スキルを中心に攻略
  • ボス:ボス情報の有効スキル+攻撃ダウン・防御ダウンも有効(たまに効かない)

※毒:約500ダメージを3ターン継続(解除される可能性あり)

弱体化スキルの例
  • 攻撃ダウン
  • 防御ダウン
  • すばやさダウン

 

通常の「ザコ敵」には暗闇が役立ちます
通常の「ザコ敵」には全体への「暗闇」「弱体化」が役立ちます
ボスは弱体化スキル+有効スキルの同時使用が効果的
ボスは「弱体化スキル+有効スキル(時弱点)」の同時使用が効果的
check

ボスの「使用スキル」や「弱点スキル(有効)」は、挑戦する前に確認できますので必ずチェックしましょう。※MAP1~3ですべて異なります

ボス情報の見かた
ボスは、MAP1とMAP2MAP3でそれぞれ異なります。

攻撃大ダウン・防御系スキルを入れる

天では敵の「単体攻撃」がかなり強力です。

驚く

1000ダメージ~3000ダメージは覚悟する必要があります。(強化含む)

※★3はHPが低いため「一撃死」の可能性もあります。

注意事項

筆者は「1ターンキル対策」として、チャームシールで素早さを上げ、一番初めに攻撃大ダウンを使うように編成しています。

笑う

この対策により、1ターン目に倒れることがなくなりました。

ただし、スキルのチャージが出来ていないと、攻撃大ダウンが使えないため、「戦闘の最後に使わない」など調整しています。(天は手動周回してます。)

おすすめメンバー例

[スポーツ日和]千穂
[スポーツ日和]千穂1は攻撃大ダウン(全体)+メガバリア
ナイトスレイヤー未幸
ナイトスレイヤー未幸は、攻撃大ダウン(単体)
check

2つの違いは、「全体(2ターン継続)」と「単体(4ターン継続)」です。

両方を使い分けると楽になります。

「前列」「後列」を使い分ける

チーム編成の列説明

暁の聖域では、「最前列(前衛)」と「後ろの列(後衛)」に違う効果があります。

  • 前列:防御UP・攻撃ダウン
  • 後ろ:攻撃UP・防御ダウン

回復キャラや補助スキルなど、重要なメンバーは前列に配置すると生存率が高くなりやすいようです。

攻撃力が高いキャラ:後列有利

考え中

※補助スキルを持っていても、攻撃力が強いメンバーは後列がいいかもしれません。

注意事項

前列は「攻撃力がダウン」するため、攻撃をメインにするキャラは前に配置しないように注意しましょう。

ただし、後列ばかりにすると、後列攻撃を受けたときに戦力がガタ落ちになる可能性もあります。

 

リーダースキルは「前列」「後列」で別々

リーダースキルの効果は、「前列」「後列」でが別々に発動します。

リーダースキルの効果範囲
リーダースキルの効果範囲は、「チーム」「前衛・後衛」でそれぞれ異なる
  • 前列のリーダースキル:前列のみ効果
  • 後列のリーダースキル:後列のみ効果

前列がすぐ倒れる!→前列のリーダースキルを防御UPにする

後列がすぐ倒れる!→後列のリーダースキルを防御UPにする

ただし、防御UPだけにすると、与えるダメージも低くなります。

check

おすすめは2つの効果を同時に持つ「★4リーダースキル」です。

2つの効果があるリーダースキル
「攻撃UP30%+防御UP15%」なので防御もUPしている

 

【筆者実践】属性別「絶・天」クリアメンバー

正式版の「絶」は、β版とほぼ同じメンバーでクリアできました。

※少し変えたチームもあります。

check

現時点では、蒼月チームと紅月チームが天クリアを達成しています。

考え中

その他のチームはしばらくお待ちください。

「天」への挑戦には「聖域の鍵」が必要ですので攻略メンバーはしばらくお待ちください。

 

蒼月チーム(天MAP3クリア)

蒼月チームのメンバー構成
蒼月チームのメンバー構成

 

チーム01:【ザコ特化】全体攻撃チーム
  • 攻撃(全体)、メガバリア、攻撃大ダウン(全体)
  • 毒攻撃(全体)、全体攻撃(全体)、究極ダメージLv2
  • 暗闇攻撃(全体)、全体攻撃(全体)、極大ダメージ

※★4こはるは「覚醒オルタナ」、★4ナタリーは「夜月のオルタナ」(温泉クリア状態Lv60)

チーム02:【ボス特化】単体攻撃チーム
  • 継続回復、全体回復
  • クリティカル率UP、絶大ダメージ(単体)
  • 中回復(単体)、麻痺攻撃・攻撃大ダウン(単体)
  • 強化解除、防御大ダウン攻撃(単体)、攻撃大UP(全体)+攻撃(単体)

碧月チーム

碧月チームのメンバー構成
碧月チームのメンバー構成
チーム01:【ザコ特化】全体攻撃チーム
  • 異常状態解除(全体)、睡眠攻撃(全体)、回復中(全体)
  • 全体攻撃、攻撃中UP(全体)、防御大ダウン
  • 暗闇攻撃・メガバリア、攻撃大ダウン攻撃(全体)
  • 全体攻撃攻撃×3

※★4はスキルLv1

チーム02:【ボス特化】単体攻撃チーム
  • バリア・継続回復・攻撃中ダウン
  • 暗闇メガバリア・極大ダメージ
  • 回復中・麻痺・攻撃大ダウン
  • 強化解除・防御大ダウン

※★4は夜月のオルタナ(温泉クリア状態Lv60)

紅月チーム(天MAP3クリア)

紅月チーム
紅月チーム(天クリア)
チーム01:【ボス特化】単体攻撃チーム
  • 異常状態解除(全体)、継続回復、回復
  • 攻撃、攻撃&素早さ特大UPすばやさ大ダウン
  • 毒攻撃、強化解除攻撃、防御大ダウン攻撃
  • 異常状態解除・暗闇攻撃大ダウン

※★4はスキルLv3/2/3(育成途中)

※真知は碧月を採用(紅月に「防御大ダウン+強化解除」がなかったため)

チーム02:【ザコ特化】全体攻撃チーム
  • 回復、継続回復暗闇(全体)
  • 混乱攻撃、クリティカル率UP、攻撃大UP
  • 暗闇(全体)防御中ダウン攻撃(全体)・全体攻撃
  • 全体攻撃×3(攻撃大UPあり)

※★4千穂はスキルLv1・Lv3・Lv2

※★4乃々はスキルLv1

新月チーム

新月属性「天」クリアメンバー
新月属性クリアメンバー
悲しい

新月属性は育てているアタッカーがいませんでしたので、新月属性のみで天MAP2のクリアができませんでした。

※絶MAP2と天MAP1は新月属性のみでクリアできました。

笑う

そこで、育成している蒼月を多く採用し、MAP2クリアができるようになりました。

チーム01:【ザコ特化】全体攻撃チーム
  • メガバリア攻撃大ダウン(全体)
  • 防御中ダウン(全体)・強化解除(全体)・クリティカル率UP(全体)
  • 睡眠高確率(全体)攻撃大UP(全体攻撃)・究極ダメージ
  • 異常状態解除・継続回復・回復中(全体)

※★4真知:スキルLv5/5/5

※★4こはる:天月のオルタナ(覚醒)スキルLv5/5/2

チーム02:【ボス特化】単体攻撃チーム
  • 回復(全体攻撃)×2・攻撃素早さ特大UP
  • 回復中麻痺攻撃大ダウン
  • 強化解除・防御大ダウン攻撃大UP
  • クリティカル率UP・絶大ダメージ

※★4詩音:スキルLv3/4/3(育成途中)

※★4結衣:スキルLv5/5/5

※★4小百合:スキルLv5/5/5

check

ボスに麻痺が有効でした。

また、防御ダウンが効かないことがあり何度か全滅しています。

※他色だとダメージを与えにくいため、防御大ダウンや攻撃大UPがないと倒しにくいです。

満月チーム(変更)

満月属性のメンバー
満月属性のクリアメンバー
悲しい

満月属性は、新月よりもさらに育成できていません。

そこで他色も入れて編成しています。

チーム01:【ザコ特化】全体攻撃チーム
  • 睡眠攻撃・異常状態解除回復中(全体)
  • すばやさ中ダウン(全体)・防御大ダウン(全体)
  • 強化解除・攻撃中UP(全体攻撃)毒(全体攻撃)
  • 攻撃小UP・防御中ダウン(全体攻撃)暗闇(全体攻撃)

全体攻撃中心に、防御ダウンを多く採用しています。

check

防御UPを使う敵には「毒」がかなり有効です。

チーム02:【ボス特化】単体攻撃チーム
  • 継続回復攻撃大ダウンメガバリア攻撃
  • 回復(全体攻撃)×2・攻撃素早さ特大UP
  • 単体攻撃×3
  • 麻痺攻撃防御大ダウン

※★4小百合:スキルLv1/1/1

※★4詩音:スキルLv3/4/3(育成途中)

※★4こはる:スキルLv1/1/1

ボスは麻痺が有効なため、おすすめです。

check

リアルタイム情報は、筆者Twitterアカウント「オルガル推しTwitter(漫画投稿中)」でお届けしています。